HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

株式会社 日本ヴォーグ社のあゆみ
1954年(昭和29年)創業。編物の出版を開始する。創業者 瀨戸忠信
1958年(昭和33年)法人設立。
1961年(昭和36年)全国に3万軒といわれた編物教室のネットワーク化をスタートする。社団法人日本編物文化協会が発足。
1967年(昭和42年)編物の通信教育を開講
1969年(昭和44年)財団法人日本手芸普及協会が発足。
1971年(昭和46年)全日制2年間のプロ養成目的のヴォーグ編物指導者養成校を開校。趣味としての「ヴォーグ学園」を開校。
1975年(昭和50年)日本きもの指導者協会発足。
1982年(昭和57年)通信販売事業を開始する。
1984年(昭和59年)エク・トリー部門の設立(1993年別会社化)。オリジナル毛糸の販売とアパレル事業に参入。
1992年(平成4年)押花による会員制事業を開始する。
2001年(平成13年)お客様別組織、ディビジョン制に移行。
2005年(平成17年)カンパニー制に移行
2011年(平成23年) パブリッシングカンパニーと手づくりタウンカンパニー、広報宣伝室を統合し、クロスメディアカンパニーとして新しい事業体へ移行
2012年(平成24年) 会員制事業のメンバーシップカンパニーの名称を、生涯活動、文化活動、社会活動を通して人と人との交流と絆づくりを行うことを目的として「手づくり創造カンパニー」と名称変更。
2017年(平成29年)カンパニー制を廃止しお客様対応型組織へ移行。
お客様対応型組織=ディビジョン制組織となりニッチ型事業の独自性を高めて行く事を目的とする。